Liss

恵比寿の完全マンツーマン美容室・小顔矯正のブライベートサロン

Liss恵比寿《外国人風カラーは色持ちが悪い?》色持ちを良くするには?

Liss恵比寿《外国人風カラーは色持ちが悪い?》色持ちを良くするには?

こんにちは。渡辺です。


 


今回はヘアカラーの色持ちのついてご説明させて頂きます。


赤みを消した外国人風カラーは色持ちが悪い?


最近流行りの外国人風ヘアカラーってありますよね?


方法はいくつかありますが



  • 全体をブリーチをする

  • ハイライトやグラデーションなどでブリーチをする

  • ブリーチしないで出来る限り明るめにしてから染める

  • 赤み・オレンジをカラー剤で打ち消す


前半の3つはベースの髪の色を明るくする方法ですね。


明るくすればするほど、赤みは消えていきます。


そうすることで、柔らかい透明感を出すことが出来ます。



ですが、明るくすればするほど色落ち(退色)しやすくなってしまいます。



一度明るくなってしまった髪は、黒染めや白髪染めなどをしないと何度暗く染めてもまた元の明るさに戻ってしまいます。



逆にそれを活かすと


暗めにカラーを入れておけば、退色過程を楽しむことが出来る


ということです。


 


ブリーチなど明るくする場合に色持ちを良くするには、希望よりも少し暗めに染めることで解消されます。


 


Lissではブリーチをすることが少ないので先程の4つ目


赤み・オレンジをカラー剤で打ち消す


ことが多いです。



前者の3つほど透明感は出ませんが、ダメージも色持ちも前者の3つよりも良くなっています。


 


もちろん、お客様のご要望に合わせて前者の3つの方法を使用することもあります。


 


どちらもメリット・デメリットはありますので、今この瞬間だけでなく、数ヶ月後の髪の状態まで含めてカウンセリングでカラープランを考えてみて下さい。


 


わからないことやお悩みなどはスタッフにぜひご相談下さい。


 


Lissで素敵なヘアカラーをお楽しみ下さい。

The following two tabs change content below.
【マンツーマン施術】綺麗な髪で笑顔を☆ ナチュラルだけど素敵な髪に。髪が綺麗だと自然と笑顔になりますよね。 全ての工程を責任持って担当しますので、どんなお悩み等でもお気軽にご相談下さい。 丁寧なカウンセリング、親しみやすさ、お世辞のない的確なアドバイスを。ご自宅でも再現しやすいスタイル・スタイリングをご提案いたします。

ご予約は各スタイリストに直接ご連絡ください。
ご予約